ロゴ
HOME>レポート>安定した経営をしたいなら保険で節税対策を始めよう

安定した経営をしたいなら保険で節税対策を始めよう

男女

万一の時払った保険料が解約返戻金として戻る

企業経営者が節税対策として行うものの一つに保険への加入があります。加入することで、継続的にお金を支払うことになりますが、車を購入したり、社員にボーナスを支払ったりするよりも節税対策効果が高いというメリットがあります。また他に、万が一の時の備えになるというメリットもあるのです。会社の資金を使って企業経営者である自分自身に対し、死亡保険金をかけておきます。すると万が一のことがあった場合に解約返戻金や死亡年金として受け取ることができます。経営者が突然死亡し、居なくなるというのは会社にとって大きなダメージです。最悪の場合、そのまま経営を立て直せないまま倒産することもあります。しかし、解約返戻金死亡肪年金などがあれば、会社の資金として利用できるため、経営立て直しの大きな支えとなります。

女性

適切な保険選びはプロにまかせよう

とはいえ、現在保険の商品というのはとても複雑になっています。さまざまなオプションを付加されていたりしているため、内容をよく理解してどのようなことについて保証してくれるのか、そして保険金はどれくらい支払われるのかについてはしっかりと理解しておかなければいけません。自分自身の保険であれば何気なく加入してもまだ良いですが、節税対策として会社の資金を利用して加入する場合はそうはいきません。せっかく加入したのに万が一のときに対象が居であった場合は加入した意味が無くなります。節税対策として保険に加入するばあいはプロに選んでもらうと良いでしょう。プロは会社の状況を調べて、客観的な目線で最適な商品を選んでくれます。


広告募集中